• ホーム
  • LINE公式アカウント機能の活用方法と事例をまとめてみた

LINE公式アカウント機能の活用方法と事例をまとめてみた

2019年08月25日

LINE公式アカウントではLINEを通しながら、企業や店舗としてユーザーとのコミュニケーションをとることができるサービスです。友だち追加機能を使って集客や宣伝活動を行うことができますし、最新ニュースなどを友だち追加している利用者へ一斉送信することも可能になります。これにより集客効果が見込めますし、アカウントを作ることで大きな特典が得られます。特に企業や店舗で使えるクーポンやショップカードをユーザーに使ってもらうことができるので、宣伝と集客効果を得られることができます。

無料で誰でもアカウントが開設できますし、無料で利用可能な機能が充実しているのが現状です。無料プランでほぼ必要な機能が利用できるので、使いにくさを感じることがありません。多くのデータを閲覧することができるので、様々な事例を参考にしながら集客を見込むことができます。以前はアカウントを開設するだけですぐに月額料金が発生したので、利用するには少しハードルが高い印象がありますが、現在は固定の月額制が廃止されていますし、今まで有料でしか使えなかった機能も無料で利用可能になっています。一般のメッセージ機能よりも効果が高いリッチメッセージやリッチメニューなどの機能は、全て無料で使うことができるので、高いコストをかけることなく活動が可能です。

ショップカードはトーク画面から使用することができ、一般の紙のカードと同じように商品を購入したりサービスを利用するときに使えます。来店特典やポイントが加算されたり、割引券などとの交換もできるのでそれを目的に友だちに追加してもらえることもあります。クーポンを作成した時もタイムラインで情報発信をすることが可能なので、その存在にいち早く気が付いてもらえるメリットがあります。クーポンがあるならサービスを利用してみようというきっかけ作りにもなります。チャット機能でもユーザーへ情報発信をすることができますし、友だち感覚で繋がることができるのもLINE公式アカウントの特徴です。

ショップカードやクーポンなどの特典をメッセージとして一斉送信することができるので、無料の広告としての位置付けになります。事例はチャットで見ることができますが、企業のブランドから基本情報だけではなくサイトでも掲載されているアカウントページを、属性に合わせてメッセージで一斉送信することができるセグメントメッセージが大きな特徴です。企業や店舗の特徴に合わせた集客施策や販売促進に活用することができ、大きな効果も期待できます。