• ホーム
  • twitterは拡散力が高い?使い方と活用例を紹介

twitterは拡散力が高い?使い方と活用例を紹介

2019年06月28日
パソコンの前に笑顔の女性

instagramは拡散力がそこまで高くないですが、それをカバーするには他のSNSと連携させることが大切になります。他のSNSと連携することに強いinstagramなので、この方法を活用例として駆使することで多くの拡散を期待することができます。中でも拡散力が高いとされているのはtwitterですが、リツイートをされることでより高まります。自分の記事を拡散させたいというときは、twitterなど拡散力の強い媒体とともに利用することが大きなポイントになります。

instagramではダイレクトメッセージやアンケート機能などで、フォロワーや閲覧してくれた人と交流を図ることができます。ダイレクトメッセージは誰からメッセージが来たかを知ることができますし、アンケート機能は一般的な写真を投稿するだけではなく、ストーリーのみで有効になるという特別な機能です。自分で自由にお題を設定することができ、2択の質問を作り、閲覧者の意見を聞くことができます。閲覧者は2択のどちらかをタッチするだけなので、とても簡単にアンケートをとることが可能です。リツイートをする代わりに、このようなアンケート機能を駆使できることがinstagramのメリットでもあります。2つのものの選択に迷っている時に、即座にストーリーから意見を聞くことができます。

タグ付けをすることができますが、一緒に写っている友達にタグをつけたり、アイテムなどにタグをつけることで友達のアカウントや商品を取り扱っているストアなどに飛ぶことができるので、この活用法も一般的になりつつあります。タグ付けから自分のアカウントに来てもらった時に、すぐに自分がどのような人かわかりやすくするためにプロフィールを充実させておくと便利です。

フォローしてくれている人がたくさんいればいるほど、この影響もたくさんありますし、拡散力につながっていくポイントになります。いいねの数も必然的に増えていきますし、使い方もそこまで難しくありません。自分が興味を持っているものに関連しているものがあれば、フォローをしたりプロフィールを探していくことも可能です。また活用例としては、いいねの使い方を工夫することも大切で、自分に興味を持ってくれそうな人にいいねを押すことで、いいね返しを期待することもできます。ダイレクトメッセージはフォローされていない人でも繋がることができますので、無限に拡散力を期待することも可能です。